毛嵐の中で

013 カモメ0001

昨日の朝の撮影です。
気温は-17度とちょっと温かい~
折角の撮影チャンスだからもう少し下がってほしかったぁ

毛嵐も高く上がり過ぎて
他に2名のアマチュアカメラマンが来ていたけれど
「ああぁ~」と
恨めしげに空を見ていました。

私は
折角のチャンス
何か無いかなぁ~とキョロキョロ
何もないと言っても太陽さんが見えだすと
バシャバシャ~とシャッターの切る音がした。
やっぱり太陽さんはテンション上がるね。

↑   白鳥かオオワシ・オジロワシだったら~と贅沢なことを!

毛嵐が流れて木々を包みました。
028 毛嵐と朝焼け0001
カラマツもベールの中に。
035 毛嵐と霧氷0001

毛嵐が木々を霧氷の衣装に変身~
042 毛嵐と霧氷0001

漸く朝陽が見えてきました。
055 毛嵐と太陽0001

毛嵐のベールで眩しくないので写しやすいわ
070 毛嵐と太陽0001

朝陽が黄色のグラデーションになっています。
073 朝陽0001

温かさを感じる優しい風景
086 染まる木々0001

遠くに日高山脈もうっすら見えています。  霧氷もキレイ!
100 染まる木々0001

十勝川もまだけ嵐の中です。
126 染まる川0001
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する