鈴蘭大橋から Part2

257 鈴蘭大橋から0001

先日の鈴蘭大橋からの続きです。
朝陽が高く上がり、
先程までの燃えるような世界からモノトーンの世界に
変化していく景色も大好きです。

毛嵐の中に見え隠れするこの一本の木は、毛嵐風景を撮るのには欠かせない貴重な木です。
231 鈴蘭大橋から0001

収まる気配がないけ嵐
276 鈴蘭大橋から0001

墨絵の世界もシックで好きです。
248 鈴蘭大橋から0001

川面から黙々と上がり続ける毛嵐が帯広方面に流れていきます。
262 鈴蘭大橋から0001

一本の木・・・・存在感が有りますね
288 鈴蘭大橋から0001
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する