真冬のような養老牛温泉近辺

084 養老牛近辺0001署名入りedited

記憶が遠い彼方に去っていた道東の養老牛温泉・・・
兄が母と姉と私を、慣れない運転で養老牛温泉に連れて行ってくれたのは・・・・

休日、
撮影目的で出かける機会が訪れました。
砂利道で曲がりくねったような記憶の道路は、きれいな舗装道路になっていました。
そして
桜が満開の時の記憶が微かに蘇った。

とても風が強い日で
移動中、4月上旬とは思えないホワイトアウト状態に!
久しぶりに風景を写したい!と思える光景に燃えました。

↑   野鳥狙いで望遠レンズを付けていたので、まずは一枚!

ここから方各レンズに取り替えて写しました。

目まぐるしく空も景色も変わります。
004 養老牛近辺0001署名入りedited

丘の方から吹き下ろす風に雪煙が上がっています。
007 養老牛近辺0001署名入りedited


雪融け模様もアートのようで面白い景色になっています。
013 養老牛近辺0001署名入りedited


道路の吹き溜まりもどんどん広がってきます。
023 養老牛近辺0001署名入りedited


強風と共に雪も舞い、吹雪のような瞬間も有りました。
038 養老牛近辺0001署名入りedited


そして、僅かながら光芒も~
044 養老牛近辺0001署名入りedited


朝方に降った雪が強風に煽られるように舞い上がっています。
063 養老牛近辺0001署名入りedited


道端の低木も真っ直ぐ立っていられない程の強風でした。
帯広も強風で、銀行の看板が落下したようでした。
066 養老牛近辺0001署名入りedited


このショットを最後にこの場を離れました。
085 養老牛近辺0001署名入りedited
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する