FC2ブログ

燃ゆる黒岳そして煙る黒岳

446 黒岳 0001署名入りedited
黒岳頂上に着いて広角で数枚写した後、
登山途中で、汗を掻き脱いだダウンをバックから出した時

電池とカードを入れた小袋がカメラバックに入っていないのに気が付きパニックに~
一瞬、下山をして駐車場の車に取りに行こうと思ったけれど無理な事~

あれもこれも写したい気持ちを抑えながら
まずは、今日の一番の目的の紅葉の中のシマちゃんを写すスポットへ移動!
いつシマちゃんが現れても良いように望遠レンズに変えました。

↑  7月に星撮影の為に泊まった石室が雲が流れて見え隠れしています。

斜面に赤く見えるのはナナカマドです。
372 黒岳 0001署名入りedited

登山道脇にはウラシマツツジが深紅に紅葉しています。
376 黒岳 0001署名入りedited

黄色はウコンウツギの黄葉です。
381 黒岳 0001署名入りedited

今世紀最高の紅葉!と言われている今年の紅葉です。  
408 黒岳 0001署名入りedited


419 黒岳 0001署名入りedited

手前の白いのは残雪です。 石室の奥に見える紅葉の斜面に、熊が遊んでいたと登山者が話していました。
見たかったぁ
421 黒岳 0001署名入りedited

雲がどんどん流れて、メイン画像のようになりました。
426 黒岳 0001署名入りedited

石室周辺の紅葉と流れる雲のコントラストが素晴らしいです。
438 黒岳 0001署名入りedited

457 黒岳 0001署名入りedited

461 黒岳 0001署名入りedited

真っ赤な紅葉の絨毯をシマリスが駆け回ったり、ホシガラスが飛んできたり・・・・
なるべく連射をしないように、無駄な写し方をしないように・・・・
470 黒岳 0001署名入りedited

この後、暫くシマちゃん達と遊んでもらいましたが、1時頃
電池の残りが一目盛りになったので、景色を写しながら下山をしようとしていたら、
音更神社でオオルリを写す時、一緒に写していたNさんに会ったのです。
Nさんは80歳くらいなので、まさかここに登ってきているとは思わないのでびっくり仰天!
Nさんも私が登山をするとは思っていないので
似ているけれど人違いかな?って思っていたそうです。

電池がなくなったので下山をする話をしたら
「俺の余分にあるから、貸してやるから下りないで写していきなさい!」って言ってくれました。
嬉しくてうれしくて涙が出ました。

いつもの登山ザックじゃなく、カメラザックで使い慣れていないところに
三国峠で朝景を写して来たので
それを終わってから、カメラを入れて電池とカードの袋とおにぎり、おやつを入れるはずが
うっかりしてしまったのです。

明日、シマちゃんの写真を載せますが
このNさんのお陰で連写で写す事ができた、可愛いシマちゃんを見てくださいね。
このときの電池の有りがたさは生涯忘れる事はないと思います。
それ程、値のあるものでした。
スポンサーサイト

Comment

No title

すばらしい~~!太字の文v-34
目にしたことのない絶景にもう、言葉がみつかりません。
苦労して足を運んだ甲斐がありますね。
こうして拝見し幸せのおすそ分けを有難うございます。

電池切れ・・さぞハラハラされたことでしょう・・
でも、本当によかったですね! お借り出来る方と巡り会えて・・
ふだんの行いがよろしいからですね。
きっと、神さまが見ていてくださったのですよ。

シマちゃんもバッチリ!可愛くて心がホンワカします~v-238

2017/09/14 (Thu) 23:48 | yumi #- | URL | Edit
こんばんは^^

~yumiさん~
今世紀最高の紅葉と言われるに相応しい美しい錦絵の様な
光景が広がっていました。
私もこれ程の広い範囲で紅葉をしているのは見た事がないです。
いつもきれいな所を切り取っていますが、この度は何処をどう切りとって良いのか?

そそっかしいのに自分でも呆れ果てていますが
本当に助けられました。
お蔭で沢山の美しい風景やシマちゃん、ホシガラスそしてナッキーも写せました。
ここで見たシマちゃんはとっても身軽で生き生きしていました。
この自然の中を走り回っているんですからね。
気温も下がってきているので、冬眠が近づいているようです。
又、来年逢いに行きますね。   (*^。^*)

2017/09/16 (Sat) 00:24 | hiroko #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する