FC2ブログ

美声のはずが・・・・

オオルリ 00630001署名入りedited

シマリスシマちゃんを写して
その後
散策コースを歩きながら、何か居ないかキョロキョロしながらも
大したものには会えず・・・・・

それでも良い汗を掻いたし
脚を鍛える運動になったし
森林浴を楽しんだからよかったぁと思っていると
オオルリの美声が森を駆けました。

「近い距離だわ」   ドキドキ~
目を凝らしても見つけられず
必死で鳴き声に耳を傾けながらも、探す事ができなく・・・・・
ちょっと動いたら
すぐ近くから飛んで行きました。
「あちゃぁ」
この残念な思いどこにもぶつけようがありません。

気を取り直して
シマちゃんの所へ行くと
何やらビューンと飛んで近くの木に止まった!

それでも肉眼でははっきり見えないので
望遠レンズで見ると
何と~オオルリでした。
いつもは鳴き声で見つけるのに、鳴かないのです。

会えた時の感動に舞い上がりながら、シャッターを切りました。

↑    この瑠璃色がたまらなく好きなんです。

後で分かったのですが、水浴びをして毛繕いをする為にこの木に止まったようです。
オオルリ 00600001署名入りedited


そして近くの川に又、行って水浴びをしました。
この様なシーンを見たのは初めてです。
オオルリ 00760001署名入りedited


美しい瑠璃色の羽の質感を、こんな風に写せたのは、嬉しいことでした。
オオルリ 00850001署名入りedited


地元に戻ってから、又、写したいと思っていましたが
たったの三日間の滞在で移動してしまったようです。
それでも
カメ友さんの「オオルリがいるよ~」の情報で三日目の時、写せて良かったです。

それにしても
何をキャッチして三日間で居なくなったんでしょう。

又、来年のお楽しみです。
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する