FC2ブログ

黒岳登山  5回目

黒岳チングルマ綿毛 48310001署名入りedited

9月3日4日5日と三連休を取り
黒岳石室に2泊の予定で登りました。

ガスや食料そして重たい水
夜は気温が下がるので防寒着やカイロ
そして
カメラのボディ2台とレンズ3本、
星撮影もしたいので三脚も~
欲張りな私はあれもこれも・・・・・
一週間前にシュミレーションした時より更に重く・・・・・
今までの人生でこれほど重い荷物を背負った事がない!!
高い所で背負わないと、立ち上がれないのだからかなり重い!!
これで登りきれるのかと不安がいっぱいだけれど・・・・・
一歩一歩足を前に運んだら、必ずいつかは着く!!と言い聞かせて登山開始~~

途中の苦しさは言うまでもないので、ご想像にお任せします。   (^_^;)

低い所で荷物を降ろしたら背負えないので
頂上でちょっと下ろして、後は石室まで直行~
荷物を石室に置いて、宿泊の受付を済ませ、小さなザックでお鉢平展望台へ~

↑  チングルマの綿毛が一面にキレイでした。

草紅葉と
チングルマと草紅葉 48330001署名入りedited
 
チングルマのコラボ素敵でした。
チングルマと草紅葉 48490001署名入りedited


紅葉は思ったより進んでいませんでしたが、秋の風情を感じました。
遠方に北鎮岳 48350001署名入りedited


山肌を流れる風と空気を心いっぱい感じながら、お鉢平展望台へと続く道を歩きました。
お鉢平へ続く道 48370001署名入りedited


止めの天気は変わりやすく、お鉢平展望台についた時はこんな感じでした。
お鉢平展望台 48420001署名入りedited


色づき始めたナナカマドと来た道を振り返る。
色づき始めたナナカマド 48310001署名入りedited


登山道を整備するボランティアの方。
このような方のお陰で、以前と違い歩きやすく登りやすい登山道になりました。
本当に有り難いことです。
登山道を整備する男性 48070001署名入りedited


お鉢平展望台では、北大生の「熊研」のお三人さんが、熊の調査をしていました。
私が着く2時間前まで出ていたけれど、今は石の影に入っているのでお昼寝中かも!と教えてくれました。
出てくるまでここで待っても良いと了解を頂いたので待たせてもらいました。
2時間くらい過ぎた頃に「出てきたよ!」と教えてもらいましたが、遠くて全く見えません。
調査をしているレンズを覗かせてもらい、それから望遠で写して見ましたが、トリミングして漸く確認できました。

真ん中の縦に長い石の下ですが、霧がかかっているのと下手なので分かりにくいです。
これなら会えたうちに入りませんが
教えてくれた学生さんに感謝です。  何せ初見ですから・・・・
 熊 66960001
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する