西別岳でお会いした加藤利助さんと高浜さん

421加藤利助さん


西別岳で一時間ほど過ごし
下山を始めて10分程の所で
花を写している時にお会いしたのは
宮崎ご出身の67歳の高浜さんと言う方でした。

ここの山のタンポポ絶滅の為に
種が飛ばないように摘んだり
根っこを見つけては抜いているとの事でした。

タンポポのシーズン中は雨降り以外は毎日
登山をしながら実行していると言う凄い人でした。
手にぶら下げた袋には
タンポポに根っことゴミが入っていました。

こんなきれいな景色を見て
自分のゴミも持ち帰らないで捨てていく人もいるとは
何と嘆かわしい事でしょう。

そしてそのボランティア精神に只々頭が下がり
お礼を申し上げると
「加藤 利助」さんと言う
82歳の方は登山道の草刈や歩き難い所に砂袋を
敷いて登山道の整備をしていることを教えてくれました。


この日、登山を始めてすぐに
とても整備されて登りやすい道に気が付き
相方と感心していました。

このお二人の影のお力があったんですね~

下山途中
加藤利助さんが作業をしている所に出会いました。


①   メイン画像
    40年以上も続けていると言う「加藤利助さん」
    とても82歳とは思えない若さです。
    「砂袋の袋がもう無くなったので今日は帰るよ!」
    と私たちと一緒に下山したのですが
    あっという間に背中が見えなくなりました


②   加藤利助さんのお名前からつけられた「リスケ山」
415リスケ山頂上


③   草刈機を肩に掛けて登りながら刈って来るそうです
232キレイに刈られた登山道


④   砂袋に山土を入れる作業も大変な事です。
426砂袋


⑤   頂上に向かった高浜さんが
    「お花が好きそうなのでご案内しましょう」と
    戻ってきて案内してくれました。
404高浜さんと


⑥   この日は一番使い易いレンズをつけたボディを
    忘れてしまい広角で写しました。  大失敗!
    イワツツジは終わりかけていましたが
    最盛期は見事だったそうです。
376イワツツジ


⑦   例年の今頃は「ヒオウギアヤメ」が群生してキレイ
    なのに今年は大雪のせいかまばらにしか咲いて
    いないそうです。
411ヒオウギアヤメ


⑧   この「エゾチドリ」は数株しかない珍しい
    花のようです。
    リタイヤしてから7年間このボランティアを
    続けているそうです。
423エゾチドリ


⑨ 
430歩きやすい登山道



その他にも色々な花を見せて頂きました。


お二人の長きに渡りのご苦労があればこそ
このようにキレイな「西別岳」を楽しむ事ができました
本当にありがとうございました。   m(__)m

登山を楽しむ者の最低限のマナーは守りましょう~
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する